永住品質を引き続く確かな構造。揺るぎない強さで安心と安全を支える。

鋼管杭工法

万一の地震発生時などに備え強固な支持地盤へ基礎杭を打ち込み、建物をしっかり支え高い耐震性を実現。

  • 二重天井構造

    コンクリートスラブとの間に空間を設けた二重天井構造を採用。遮音性・断熱性・防湿性に優れた設計となっています。

  • 溶接閉鎖型フープ

    柱のコンクリート内部の鉄筋に、つなぎ目を溶接した閉鎖型フープ筋を採用。柱構造の粘り強さを向上させます。

  • コンクリートの劣化防止

    建物の耐久性を左右するコンクリートの劣化を防ぐために、単位水量・水セメント比の基準を設定し、配合段階で劣化軽減対策をとっています。

  • 第三者機関による住宅性能評価書を申請

    耐震性や耐久性等、あらゆる建物の基本性能を国土交通大臣登録の第三者機関が評価する住宅性能評価書を申請中。さらに新築住宅の10年保証をサポートする瑕疵保険にも申込済ですから万一の際も安心です。

  • 断熱性の高いLow-E複層ガラス

    窓にはLow-E複層ガラスを採用。間に空気層を設けた2枚のガラスにより断熱性を高めるため、冷暖房効果を上げるとともに冷暖房費も節約できます。また、結露の発生も抑えます。

  • 24時間換気システム

    常に外部から新鮮な空気を取り込み、結露や汚れなどから家族と住まいの健康を守ります。

    シックハウス対策

    住戸の壁面に安全性の高いビニールクロスを採用。有害なホルムアルデヒドを軽減し健康に配慮しました。

nextTOP
  • トップページ

  • コンセプト

  • ロケーション

  • デザイン

  • 照明デザイン

  • 間取り

  • クオリティ

  • 構造

  • 現地案内図

  • 物件概要

※車の所要時間は時速40kmで算出(端数切り上げ)したものです。時間帯及び交通状況により多少異なる場合があります。予めご了承ください。
※掲載のマップはイメージイラストにつき実際とは異なる場合があります。
※掲載の写真は2021年7月に撮影したものです。※上記の交通図は概略図で一部省略している駅・施設等があります。

×